当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

経験と実績が結集した、安心と安全に包まれる快適な住まい。

構造・仕様・性能・サポート

建築工法

ベタ基礎・基礎配管

あらゆる地震において
地震や台風から大切な家を守ります。

基礎配筋工事に「ベタ基礎」を採用し、強い地震等の災害から建物をしっかり守ります。床下全面に配した鉄筋コンクリート製ベタ基礎で、住宅支援機構が定める技術基準の一般的な「布基礎」よりも高い耐震性を確保できます。また、建物の荷重を面で受けるため、家屋が傾く原因となる不同沈下を防ぎます。

ベタ基礎・基礎配管
ベタ基礎・基礎配管

基礎パッキン工法

床下の換気を促進し、建物の劣化を最小限に。
家そのものの耐震性・耐久性を高めます。

基礎と土台の間にパッキンを挟みこみ、床下から全体において換気性を高める「基礎パッキン工法」を採用しています。多くの開口部を持つので、基礎部分に換気口を設ける従来の工法よりも床下の隅々まで換気することができます。また、基礎部分のコンクリートに穴を開けないので、耐震性・耐久性も高まります。

基礎パッキン工法

床下の換気を促進し、建物の劣化を最小限に。
家そのものの耐震性・耐久性を高めます。

基礎と土台の間にパッキンを挟みこみ、床下から全体において換気性を高める「基礎パッキン工法」を採用しています。多くの開口部を持つので、基礎部分に換気口を設ける従来の工法よりも床下の隅々まで換気することができます。また、基礎部分のコンクリートに穴を開けないので、耐震性・耐久性も高まります。

ベタ基礎・基礎配管
s
ベタ基礎・基礎配管

木造軸組工法

丈夫で自由度の高い
日本の風土に適した伝統的な工法。

コンクリートの強固な基礎に柱を立て、梁を組み合わせてフレーム状の骨組みをつくり、壁や屋根などを取り付けて建築する工法。他の工法に比べてプランニングの自由度が高く、後々ライフスタイルや家族構成の変化に伴い、壁を抜いて部屋をつなげたり、壁を設けて部屋数を増やしたりする改築・増築がしやすいというメリットも。耐震性・耐久性にも優れており、メンテナンスもしやすいので、永く安心して住むことができます。

ベタ基礎・基礎配管

シロアリ対策

土壌処理、木部処理で
シロアリ被害から家を守ります。

面状散布(土壌処理)と吹付処理又は塗布処理(木部処理)でシロアリの浸入を抑えます。面状散布(土壌処理)は床下(基礎部分)の土壌表面に乳剤希釈液を面状散布します。吹付処理又は塗布処理(木部処理)は地盤面から1m と床下全休の木材表面に薬剤を吹付けます。木口、割れ目、背割り、継手、接合部は特に念入りに処埋します。

シロアリ対策

素材
品質

自由に選べる屋根材

住宅のデザインや、風土気候など立地環境にあわせて最適な屋根材をお選びいただけます。

  • ガンバリウム鋼材

    ガンバリウム鋼材

    表面のメッキに傷が入っても亜鉛が鉄より先に溶けることで鉄の表面をコーティング。本体をサビから守ります。軽量で加工の自由度も高い人気の屋根材です。

  • コロニアル(薄型化粧スレート)

    コロニアル(薄型化粧スレート)

    セメントに繊維素材を混ぜて薄い板状にした屋根材。カラーが豊富で軽量なので、多く使用されている屋根材です。

  • アスファルト ルーフィング

    アスファルト ルーフィング

    アスファルトルーフィングは、アスファルトフェルトにアスファルトを染み込ませ、表裏面に鉱物質粉粒を圧着したもので、雨水が屋内に進入するのを防ぎます。

  • 洋瓦・和瓦

    洋瓦・和瓦

    断熱性や遮音性に優れ、本体自体は半永久的に使うことのできる素材です。懸念されてきた重量に関しても、近年では軽量化された瓦が登場しています。

鋼製建具

LOW-Eペアガラス

2層のガラスの間に空気層を設け、断熱性と防音性に優れています。室外側は特殊金属膜コーティングされており、夏の日射熱や紫外線を遮り冷房効果がアップ。冬は暖房熱を逃がさず暖房効果がアップ、省エネに貢献します。ガラス面の結露も防ぎ、1年中快適に過ごせます。

LOWペアガラス概要
LOWペアガラス概要
  • 冷房・暖房の
    温度を保ち
    光熱費を節約
  • 結露が
    起こりにくい
  • 防犯性が高い

断熱材

屋外の寒さや暑さをシャットアウトして快適な室温を保つ断熱材。
環境に適した断熱材を選んで、大切な家を結露や火災から守りましょう。

  • 高性能グラスウール

    高性能グラスウール

    グラスウールは、繊維と繊維の間に空気を含むことで熱を伝わりにくくする無機繊維系断熱材。細かい繊維状にするガラス原料は、主に資源ゴミやリサイクルガラスを使用しており、環境にも優しい素材です。不燃性の素材で、仮に火事が起こっても有毒ガスなどは発生しません。高い耐久性で、経年劣化も少なく、変形したり断熱性能が下がりにくいのも特徴です。

    • 優れた
      コストパフォーマンス
    • 不燃性のガラス素材で
      燃えにくい
    • 高い耐久性で
      経年劣化が少ない
    • 発がん性リスクが
      低い
  • 吹き付け硬質ウレタンフォームウール

    吹き付け硬質ウレタンフォーム

    吹付け硬質ウレタンフォームは、ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えた断熱材で、空気を抱えた小さな気泡が連続で連なっており、隙間なく確実に充填できるのが特徴で気密性も高くなります。屋根部分にも同じものを吹き付けることで、家全体が魔法瓶のようになり、夏は涼しく冬は暖かい空間を実現できます。

    • 発泡プラスチック系断熱材の
      なかでは柔軟性が高い
    • 隙間なく施工でき
      機密性が高い
    • 高い断熱性能
    • 水・湿気に強く
      軽くて腐りにくい

性能調査
保証

第三者機関による検査

地震保証にも対応、万全の体制で工程を進め、安心してお住まいいただける家をお引き渡しいたします。

地盤調査・保証 20年

地盤調査を行い、地盤が構造物を安全に支持できるかどうかを調査・分析し、地盤に適合した基礎を作ります。専門家による厳しい調査で、地盤の強さ、土壌汚染のない品質基準、安全な地盤であることを証明する保証書をお渡しいたします。万が一、予期せぬ地盤沈下などによって建物に不具合が生じてしまったときでも、完成後20年以内は修復費用を保証いたします。

・「地盤品質証明書」を発行。保証期間20年・損害補償最高5,000万円まで。

住宅瑕疵担保責任保険 10年保証

この保険は、住宅保証機構が「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」に基づいて行うものです。 また、保険の加入に当たっては住宅の工事中に第三機関による検査が行われます。

サポート

アフター点検

完成して、お引き渡ししてからも、末長くあなたの大切な家を守りたい。

安心してお住まいいただくため、お引き渡し後の点検を厳密に行っています。定期的な点検を行うことで、
建物の不具合など異変に早く気付くことができ、重大な問題になる前に的確なアドバイス、サポートができ
ます。
※10年目以降のアフター点検はお客様のご依頼(ご希望)により行います(5年毎)。

アフターサポート
トップへ
物件情報 来場予約 TEL 資料請求